headband

妊娠時にダウン症だとわかったら産まない

HOME >> 妊娠時にダウン症だとわかったら産まない

妊娠時にダウン症だとわかったら産まない


妊娠時にダウン症だとわかったら産まない

私は、出生前診断については肯定派です。

何故なら、他人がどう言おうがお腹の中の子供を育てるのは自分自身だからです。

生涯のある子を否定するつもりはありませんが、現実問題として障害児を育てる苦労やお金の問題を考えると、やはりそのリスクを回避したいと思う人が多いのではないでしょうか。

私もその1人です。

ダウン症は天使だと言われますが、内臓疾患を合併していたり、知的障害も伴うケースが大半だと知ってしまっていると、私ならばお腹の中にいる時点で堕胎を選ぶと思います。

夫婦で話し合ってそう決めたのならば、それがもう正解なのです。

産む決断をした夫婦だってそれが夫婦の決断ならばもちろん正解です。

他人には関係ありません。

私は健常児の1歳の娘が1人います。

もう1人子供が出来たら嬉しいとは思うけれど、やはり障害があったらどうしようと心の片隅で思う事も事実です。

健常児の娘を育てていても、大変だと思う事は多々あるのに、障害児ならば自分のキャパシティをオーバーしてしまうのは目に見えています。

既にいるダウン症の人達を否定はしないけれど、自分が育てるとなると話は別って事です。


当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精【成功率や失敗事例】私の体験談

妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産、
pagetop