headband

なぜ妊娠線ができるの?

HOME >> なぜ妊娠線ができるの?

なぜ妊娠線ができるの?


なぜ妊娠線ができるの?

なぜ妊娠線ができるのかというと、お腹のなかで赤ちゃんが大きく成長するからです。

赤ちゃんは、徐々に大きく成長していきますよね。

それに伴い、お腹も大きくなっていきます。

その時、皮膚の表皮が伸びるので、お腹が大きくなるのです。

表皮は急激にお腹が大きくなっても、伸びることができます。

しかし、表皮の下にある真皮や皮下組織の一部は、表皮に比べて簡単には伸びません。

そのため、急激なお腹の成長についていけず、亀裂が生じてしまうのです。

それが妊娠線です。

亀裂が起こったからと言って、痛みが生じる訳ではありません。

痛みはありませんが、痒みがでることがあります。

この妊娠線は、初めは赤紫のような色をしていますが、時間が経つと白っぽい色に変化していきます。

妊娠線は、急激な体重増加を防ぎ、しっかりとお肌を保湿することで防ぐことができます。

妊娠線は、お腹だけでなく、太ももやお尻にできます。

妊娠したら、できるだけ早くから妊娠線予防はしたほうがいいでしょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精【成功率や失敗事例】私の体験談

pagetop