headband

体外受精 流れ

HOME >> 体外受精の流れって?|成功率と失敗事例

体外受精の流れって?|成功率と失敗事例

体外受精の流れは、排卵誘発、採卵・採精、受精、胚培養、黄体ホルモン補充、妊娠判定というのが一般的でしょう。

それぞれの病院によっても多少違いますし、どのように排卵を誘発するかは受ける人の体の状態や希望によって異なります。

クロミッド法や自然周期法なら経済的な負担が少なく、副作用も弱いのですが、採卵できる卵子の数が少なく採れないこともあります。

ロング法やショート法になると、お金がかかりますし、副作用も強くなってしまいますが、その分、卵子が多めに採れるでしょう。

ただ、体に負担がかかりすぎるため、年齢や体調によっては受けられません。

そのため、体外受精の際には、アゴニスト法やアンタゴニスト法が用いられることが多いようです。

体外受精は運動率の高い精子と卵子を一緒にすることで受精させる方法なので、受精そのものは自然に任せることになります。

顕微授精の場合には、ガラス管を使って卵子に精子を注入して受精させます。

顕微授精は5万円くらい費用がプラスされることが多いでしょう。

胚移植にもいくつかの方法があり、高度な技術を使用するほど費用がかさみます。

もちろん、どんな方法で胚移植するにしても、絶対に着床するとは限りません。

当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精【成功率や失敗事例】私の体験談


pagetop