headband

体外受精 移植後

HOME >> 体外受精の移植後はどうなる?|成功率と失敗事例

体外受精の移植後はどうなる?|成功率と失敗事例

体外受精の移植後はどうなるのかというと、黄体ホルモン補充を行って着床するのを待ちます。

胚移植を行ってから約二週間後に尿検査を行って、妊娠しているかどうかを調べるのが一般的です。

体外受精の成功率は20%から40%なので、着床して妊娠できる確率の方が低いということになります。

妊娠に至らなかった場合、2ヶ月以上続けて行うのは女性の体に負担がかかるため、3周期か4周期に1回くらいのペースで行うことになるでしょう。

とはいえ、経済的な事情でもっと間隔を空けて行うこともありますし、治療を受ける側の希望に添って行われます。

胚盤胞移植など移植前に行うことで着床の確率を高める技術はありますが、一度移植してしまったら黄体ホルモン補充以外にできることはありません。

安静にして、できるだけリラックスを心がけて二週間待つしかないのです。

1回の体外受精で妊娠・出産にいたるのは難しいので、ある程度の回数は覚悟した方がいいかもしれません。

当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精【成功率や失敗事例】私の体験談


pagetop