headband

一つの選択肢として認識するか否か|体外受精 成功率

HOME >> 一つの選択肢として認識するか否か|体外受精 成功率

一つの選択肢として認識するか否か|体外受精 成功率


一つの選択肢として認識するか否か

 確か、彼女は乳がんの恐れがあるとして、乳房の除去も先日行っていたと私は認識していますが、今回のこのようなニュースを見て、そのことを思い出していました。

 彼女は、女優としてではなく、プロデューサーもこなし、また映画のお仕事だけではなくて、慈善事業にも積極的に自ら参加し、そのエネルギーをこの世界の為に使っているという印象がもともとありました。

 彼女はとても心の優しい人だと思ったことは、先日のシリアで人質事件が起きた際にも、面識があったわけではないその日本人の方へ公の場で追悼の意を表していました。

 事前にこうした癌になるもとを除去する、ということは今の高度に医療が進んだ世界においては一つの選択なのではないかと私は思います。

もし、私たちが癌に侵されてしまったらその部分を手術するように。

しかし、中には自分の体に安易にメスを入れるべきではないという考えもあるようです。

特に、がんの場合にその部分が外気に触れてしまうと一層活性化して、転移しやすくなると聞いたこともありますので。


当サイトの人気記事

 1番人気! 体外受精【成功率や失敗事例】私の体験談

アナ雪の主題歌が話題になった松たか子さん、魔裟斗さんの奥さんで、不妊治療の末に妊娠・出産したタレントの矢沢心さん、医師である木下博勝さんとの結婚が話題になり、長期間不妊治療を続けて出産したことで知られるジャガー横田さん、中西モナとして活動していたこともある山本モナさんは不妊治療の末に女の子を授かり、その後、第二子の男の子も出産、女優の千堂あきほさんは長期間の不妊治療の末に女の子を授かりました、
pagetop